NO IMAGE MUSIC

スコット・マッケンジーを偲んで〜「武器ではなく、花を」フラワームーブメントを象徴する名曲を歌った男

2012年8月18日、アメリカのシンガーソングライター、スコット・マッケンジー(享年73)がロサンゼルスの自宅で死去した。 難病のギラン・バレー症候群を患い、入退院を繰り返していたという。 1967年、彼は「San Francisco(Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)邦題:花のサンフランシスコ」のヒットによって一躍“時の人”となる。 この曲は、モントレー・ポップ・フェスティバル(1967年6月にカリフォルニア州で開かれた大規模な野外コンサート)のプロモーションのために製作されたものだった。 作詞・作曲は「California Dreamin’(夢のカリフォルニア)」のヒットで有名なママス&パパスのジョン・フィリップス。 スコットとジョンは以前同じグループで音楽活動を共にしていた旧知の仲でもあり、友情の証しとして提供されたものだった。 “Be Sure to Wear Flowers in Your Hair(君の髪に花を飾るべきだ)”という長い副題が付いているのは、同名の別の曲と区別するためだったという。 1939年1月10日、彼はフロリダで生まれた。 少年時代はノースカロライナ州やヴァージニア州で過ごす。 ハイスクール時代からバンドを組み音楽活動をスタートさせる。 卒業後にジョン・フィリップスと出会い、意気投合した二人は地元でグループを結成。 より本格的に音楽に取り組むために二人はニューヨークへと渡り、1961年にトリオ編成の“ジャーニーメン”を結成。 キャピトルレコードから3枚のアルバムをリリースしたが…グループは解散してしまう。ジ..
NO IMAGE MUSIC

レディー・ガガ Born This Way〜その生い立ちと青春時代

1986年3月28日、彼女はニューヨーク州南部のウエストチェスター郡にあるヨンカーズという街で生まれた。 シチリア島をルーツとするイタリア系アメリカ人として誕生した彼女の出生名はステファニー・ジョアン・アンジェリーナ・ジャーマノッタ。 父親はインターネット企業の実業家で、裕福な家庭環境の中、彼女は箱入り娘として育てられた。 母親は美しくて教養があり、とても優しい女性だったという。 「4歳の時、ママに言われてピアノを習い始めたの。先生が部屋に来て、レッスンは嫌いだったわ。ママは私を教養のある女性に育てたかったのよ。一日2時間はピアノの前に座らせられたわ。」 父親が初めて彼女に聴かせてくれたレコードはスティーヴィー・ワンダーだった。 その後ブルース・スプリングスティーンの曲などをピアノで練習するようになる。 最初にファッション面で彼女に影響を与えたのは、モデルやタレントではなく母親だったという。 「ママは私に楽しいファッションをさせてくれたわ。派手なレギンスにでっかいシャツとか。ピカピカ光るライトがついたサンバイザーをかぶってローラースケートをはいたり、学校へ行くときもマリリン・モンローみたいにカールヘアにして行ったこともあるわ。」 11歳の時にジュリアード学院の音楽部門に合格するも、当時は音楽にさほど興味がなく入学を辞退し、マンハッタンのカトリック系私立学校Convent of the Sacred Heart(聖心女子学院)へ進学する。 そこはヒルトン姉妹(パリスとニッキー)も通っていたことで知られるいわゆる“お嬢様学校”だった。 一度は音楽への興味も薄れて、演技の道へ進む..
MUSIC

年間映画興行収入ランキング1982年〜『トッツィー』ほか

「TAP the FLYER」第3回は、1982年の映画興行収入をランキング。 【1982 TOP 20 MOVIES】 *ランキングと金額は「全米Box Office」をもとに作成。 ❶『E.T.』(E.T.: The Extra-Terrestrial) $435,110,554 ❷『トッツィー』(Tootsie) $177,200,000 *第55回アカデミー賞助演女優賞/ジェシカ・ラング ❸『愛と青春の旅だち』(An Officer and a Gentleman) $129,795,554 *第55回アカデミー賞助演男優賞/ルイス・ゴセット・ジュニア ❹『ロッキー3』(Rocky III) $125,049,125 ❺『ポーキーズ』(Porky’s) $111,289,673 ❻『スタートレックII カーンの逆襲』(Star Trek II: The Wrath of Khan) $78,912,963 ❼『48時間』(48 Hrs.) $78,868,508 ❽『ポルターガイスト』(Poltergeist) $76,606,280 ❾『テキサス1の赤いバラ』(The Best Little Whorehouse in Texas) $69,701,637 ❿『アニー』(Annie) $57,059,003 ⓫『評決』(The Verdict) $53,977,250 ⓬『ガンジー』(Gandhi) $52,767,889 *第55回アカデミー作品賞、監督賞/リチャード・アッテンボロー、主演男優賞/ベン・キングズレー ⓭『ランボー』(Firs..
MUSIC

いつの日にか、いつの日にか、自由に歌えるさ~アイ・シャル・ビー・リリースト

2014年4月19日に東京のシネスイッチ銀座で公開された映画『チョコレートドーナツ(原題・ANY DAY NOW)』は、連日満席のヒットとなって評判が口コミで伝わり、拡大公開が決まって最終的には日本全国100館を超える劇場で上映された。 同性愛や障害者たちマイノリティへの偏見と差別をテーマとするこの映画で、主人公を演じるアラン・カミングはシンガーになる夢を追いながらも、ショーダンサーとしてままならぬ日々を暮らすという役どころだ。 物語のラストで失意のアランが歌うロック・スタンダード「I Shall Be Released(アイ・シャル・ビー・リリースト)」の歌詞からは、 映画のタイトルにもなった“Any Day Now” というフレーズが繰り返される。 I see my light come shining 俺は自分の後光がやって来るのが見える   From the west unto the east. 西の方から東の方向に Any day now, any day now, 今、もう今にでも I shall be released. おれは解放される そこからさかのぼること四半世紀前、“Any Day Now”を“いつの日にか” という日本語で、同じ曲に託して己れの無念を歌ったのは、RCサクセションの忌野清志郎である。 広島に原子爆弾が投下された1988年の8月6日にリリースされるはずだったアルバム『COVERS』が、反核と反原発のメッセージが歌われていることを理由に、レコード会社の東芝EMIが親会社の東芝に忖度して発売中止の判断を下したのは6月のことだ。 そこから起こ..
MUSIC

月を追いかけて〜ショーン・ペンとニコラス・ケイジの「原風景」

アメリカには「スモールタウン」と呼ばれる町が数多くある。人口は1万人にも満たず、町のサイズはメイン・ストリートを中心に縦横にわずか数ブロックほど。そこに住んでいる人以外は誰も知らないような、ほんの小さな町。 そんな「スモールタウン」を舞台にした映画といえば、真っ先に『ラスト・ショー』(1971)が思い浮ぶ。2012年に惜しくも亡くなったトラベル作家・駒沢敏器氏は、アメリカを横断しながらスモールタウンだけに立ち寄って短編集のような魅力を放つ物語『語るに足る、ささやかな人生』を描いた。彼は旅の途中、ウィスコンシン州の小さな町で出会った中学生の女の子からこんな声を聞いた。 スモールタウンは、私みたいな作家志望の中学3年生には、最適な場所かもしれません。そもそも都会における情報というのはすべてが断片で、全体としての像を結ばないでしょう? でもこのような小さな町では、ひとりひとりの人生の全体というものが見えるんです。この町の人が喋る言葉には、その人ならではの人生や、静かだけれど確かにその人以外ではありえないような重みがあるんです。 今回『月を追いかけて』(Racing with the Moon/1984)を観て、この少女の言葉が脳裏をよぎった。そして何よりも映画の始まりから終わりまで、何とも言えない心地よさがあった。どうしてだろう? アーバンサスペンスやSFアクションを見慣れてしまった脳には、強くそう感じたのだ。 それは「風景」への憧憬だと思う。家、学校、病院、墓地、図書館、映画館、廃屋。ダイナー、ビリヤード場、ボーリング場、ローラースケート場。森、湖、海、空。ピアノの音、犬の鳴き..
NO IMAGE MUSIC

越路吹雪と岩谷時子〜宝塚時代から厚い友情を重ねつづけた二人の出会い

1939年の春、宝塚歌劇学校を卒業して初舞台を踏んだばかりの越路吹雪は岩谷時子と出会う。 「彼女が永眠するまで、ただ一度も争うことなく、時の流れと共に厚い友情を重ねてこれたのは宿縁としか考えようがない。」(岩谷時子) その年の秋、岩谷は宝塚歌劇団出版部へ就職し、社会人としてのスタートを切ったばかりだった。 宝塚ファンに向けて出版されている『歌劇』『宝塚クラブ』誌を編集するのが彼女の仕事だった。 幼い頃から母親に連れられて宝塚歌劇を観ていた彼女は、やがて文学少女になり、二つの劇団誌に詩や短編小説を投稿していたという。 そのことをきっかけに編集部から声がかかったのだ。 宝塚では稽古場と編集部の部屋は近く、岩谷が仕事をしていると、出場(でば)の少ない初舞台生たちがデスクに遊びに来ることが日常だった。 その中に仲間たちから“コーちゃん”と呼ばれる背の高い越路がいた。 本名が河野美保子なので、そう呼ばれていたのだ。 彼女たちは初舞台を踏むと芸名がつくので、いつかサインを求められるスターになれることを夢見ながら、それぞれ芸名の書体を考えながら楽しんでいる頃だった。 「ある日、越路さんが私のところに一人で来てサインの見本を書いて欲しいと言ってきたのです。彼女に与えられた芸名(越路吹雪)は字画が多いので苦労しましたが、私なりに一生懸命考えて書いてみました。彼女が生涯使っていたサインは、この時に二人で考えた合作なんです。」 当時、二人はまだ親しい関係ではなかった。 岩谷も新米で、まだ慣れない仕事をこなすのに精一杯の時期だったし、女性ばかりの集団の中で特定の誰かと親しくなると仕事がやりづら..
MUSIC

夭折の画家の自画像と共鳴するイースタンユースのアルバム『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』

イースタンユースの名作の一つと言われるアルバム『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』(1998年)は画家、佐伯祐三の作品がジャケットに使用されたことでも話題を呼んだ。 佐伯祐三は1898年に大阪で生まれ、26歳の時に初めて憧れの地、パリの土を踏み、一度は帰国したものの再度フランスへ渡り多くの作品を残す。しかし病に倒れてしまい、1928年8月16日にフランスで僅か30年の生涯を閉じた。 初めてフランスを訪れた1924年、佐伯は渡仏後に描いた自信作の裸婦像を持って、尊敬する画家ブラマンクを訪ねている。しかしブラマンクにその絵を見せた時「アカデミック!」と批判されてしまった。 伝統や教育を嫌い、独学で絵を学んできたブラマンクにとって、古典的な画風で英才教育によって支えられたアカデミック美術はもっとも忌むべき対象だったのだ。 ブラマンクの言葉に大きなショックを受けた佐伯は、これを機に大きく作風を変貌させていくのだが、その頃に描かれたのが、この「立てる自画像」だ。この絵は実は翌年に完成させた作品の裏側に描かれていたものだ。 パレットと筆を持って呆然と立ち尽くす青年が荒々しいタッチで描かれ、顔はナイフで削り取られている。 夢と憧れを胸に抱いてフランスに渡った若き青年画家の、挫折と苦悩の跡が感じられる作品だ。 イースタンユースは、近代詩的な言葉を散りばめた歌詞を、ラウドなギターロックのメロディーに乗せ、シャウトして歌うのが特徴的なバンドだ。それは、時にエモーショナルと形容されることもある。 歌詞は文学的でありながらも、内容は底辺に生きる者たちの生きにくさや反骨心、自己の葛藤などが叫ばれていて、それらは時..
MUSIC

かつての栄光の歌手という道が始まった~坂本九の27歳

エルヴィス・プレスリーに憧れてロックンロールに目覚めた坂本九が、バンドボーイを振り出しに米軍キャンプやジャズ喫茶でのライブで経験を積み、「日劇ウェスタンカーニバル」の舞台に立ったのは1958年の夏のことだ。 そのとき18歳、歌ったのはリトル・リチャードのカヴァー曲だった「センド・ミー・サム・ラヴィン」。 ダニー飯田とパラダイスキングのヴォーカル担当として人気が出始めると、坂本九は持ち前の明るい笑顔と面白いアクション、人懐っこいキャラクターで、テレビという新しいメディアを通して日本で最初のアイドルになっていく。 坂本九はエンターテイナーの資質を持っていただけでなく、それに磨きをかけようと日頃から意識的だった。 「坂本九ってのは、おかしなやつだというので、テレビで使われ始めたころから、ぼくは、番組のなかで、どこか一ヶ所だけ人と変わったことをしてやれと努力しました」 明るくてコミカルな「悲しき60才」やR&Bのカヴァーによる「ステキなタイミング」、エルヴィスをカヴァーした「GIブルース」、オリジナルの「九ちゃんのズンタタッタ」など、続けざまにシングル盤がヒットしたのは1960年から61年にかけてのことだ。 そして7月21日には運命を決めた楽曲「上を向いて歩こう」と出会い、それを中村八大のリサイタルで歌っている。 これがNHKの音楽バラエティ『夢であいましょう』で取り上げられて大反響を呼んだことから、10月にはレコードが発売になってヒットした。 こうして人気が急上昇した坂本九は20歳になると同時に、アイドルとしての人気者というだけでなく、独特の華やかさを放つ歌手として認められてい..
MUSIC

年間映画興行収入ランキング1980年〜『ブルース・ブラザース』ほか

「TAP the FLYER」第1回は、1980年の映画興行収入をランキング。 【1980 TOP 20 MOVIES】 *ランキングと金額は「全米Box Office」をもとに作成。 ❶『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』(The Empire Strikes Back) $290,475,067 ❷『9時から5時まで』(9 to 5) $103,290,500 ❸『スター・クレイジー』(Stir Crazy) $101,300,000 ❹『フライングハイ』(Airplane!) $83,453,539 ❺『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』(Any Which Way You Can) $70,687,344 ❻『プライベート・ベンジャミン』(Private Benjamin) $69,847,348 ❼『歌え!ロレッタ愛のために』(Coal Miner’s Daughter) $67,182,787 *第53回アカデミー主演女優賞/シシー・スペイセク (こちらのコラムをお読みください) 歌え! ロレッタ愛のために〜シシー・スペイセクがロレッタ・リンを演じた音楽映画の名作 ❽『トランザム7000VS激突パトカー軍団』(Smokey and the Bandit II) $66,132,626 ❾『青い珊瑚礁』(The Blue Lagoon) $58,853,106 ❿『ブルース・ブラザース』(The Blues Brothers) $57,229,890 (こちらのコラムをお読みください) ブルース・ブラザース〜33歳で逝った伝説のジョン・ベ..
MUSIC

ブライト・ライツ、ビッグ・シティ〜午前6時、いま“君”のいる場所。

君はそんな男ではない。夜明けのこんな時間に、こんな場所にいるような男ではない。 1984年夏。そんな一節で始まる新人作家の処女作がアメリカで出版された。長編小説のタイトルは『Bright Lights, Big City』。作家の名はジェイ・マキナニー。あのフェリーニの『甘い生活』やサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』の現代版とも言える内容と、“君”という二人称で静かに描かれる喪失のシティライフ。 世代を代弁するスポークスマン的作家が長い間出現することのなかったニューヨークにとって、29歳のマキナニーとこの作品はたちまち一大センセーションを巻き起こし、書店では山積みされてベストセラーを記録。さらに翌年には、20歳の大学生ブレット・イーストン・エリスがロサンゼルスを舞台にした衝撃的な『レス・ザン・ゼロ』でデビュー。こちらも大きな話題となる。 こうした新しい感覚を持った書き手たちの登場は、マスコミによって「ニュー・ロスト・ジェネレーション」(あらかじめ失われた世代)」として名づけられた。1920年〜30年代に「ロスト・ジェネレーション」(失われた世代)と称されたF・スコット・フィッツジェラルドやアーネスト・ヘミングウェイらが活躍したムーヴメントを再構築化。アメリカ文学が一気に若返り、そして余りにも眩しく輝き始めた。 マキナニーには『Bright Lights, Big City』を書くにあたって、土台にした一つの自作の短編があった。「午前6時、いま君のいる場所」(It’s Six A.M. Do You Know Where You Are?)と題されたその作品は、1982年に文..