キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

レコード会社を描いた映画はこれまで数々作られてきたが、中でもメンフィスのサンやデトロイトのモータウン、NYのアトランティックといったインディペンデントと呼ばれる独立レーベルの物語は実に見応えがある。そしてシカゴの名門チェスのストーリーも例外ではない。 映画『キャデラック・レコード』(CADILLAC RECORDS/2008)には、レナード・チェス、マディ・ウォーターズ、リトル・ウォルター、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリー、エタ・ジェイムズの6人の主要人物が登場する。彼らを語るのは、チェスのソングライター/プロデューサーだったウィリー・ディクソン。1950年代〜60年代におけるブルース、R&B、ロックンロールの伝説的な実話が綴られていくが、その一つ一つが音楽ファンには強烈にたまらない。 1940年代前半。ミシシッピの貧しい農民だったマディ・ウォーターズは、図書館用に自分の歌とギターを録音したことをきっかけに“自分を発見”。大都市シカゴへ移ってブルース音楽に夢を賭ける。街の騒音や人々のざわめきに音が消されないように、アコースティックからエレクトリックにギターを持ち替えると、彼のダウンホームな感覚を持った音楽は都会の黒人たちを魅了し始める。 それを世に送り出したのはレナード・チェス。ポーランド移民で貧しい暮らしをしていたが黒人音楽に取り憑かれ、ビジネスの可能性を見出して1947年にレコード会社アリストクラットを設立する(50年にチェスと改名)。南部ミシシッピに息づくデルタ・ブルースが、マディとチェスの出逢いを通じて、北部の大都市でバンド・ブルースへと昇華した。 他にもアンプリファ..

アート・ブレイキーを偲んで〜ピアニストからドラマーへの突然の転身、親日家、後進たちに刻み続けるハートビート(鼓動)〜

アート・ブレイキーを偲んで〜ピアニストからドラマーへの突然の転身、親日家、後進たちに刻み続けるハートビート(鼓動)〜

アート・ブレイキー。 脈々と続くジャズ史において、輝かしくその名前を刻んだ名ドラマーである。 1919年10月11日 、アメリカ合衆国のペンシルベニア州ピッツバーグで産まれ、71歳を迎えた5日後の1990年10月16日に肺炎のためこの世を去る。 親日家として知られてた彼は、生前、こんな言葉を残している。 「私は今まで世界中を旅してきたが、日本ほど私の心に強い印象を残してくれた国はない。それは演奏を聴く態度は勿論、何よりも嬉しいのは、アフリカを除いて、世界中で日本だけが我々を人間として歓迎してくれたことだ。人間として!」 当時、ジャズ界で大活躍していた彼ですら、本国アメリカでは差別されていたのだ。 そんな中、来日した際に熱心なファンに出迎えられ、彼は心から感激したという。 1961年の初来日以降、何度も日本で演奏を行った。 かつての妻の1人が日本人だったという彼。 演奏したレパートリーの中には「雨月」「京都」「銀座」など、日本をテーマにしたものも存在するほどだ。 1970年代以降、彼が率いたバンド、ジャズ・メッセンジャーズに鈴木良雄、鈴木勲などの日本人がレギュラーまたは客演で加わっている。 また、来日時には日本人ドラマーのジョージ川口、白木秀雄らともドラム合戦を繰り広げることもあったという。 亡くなる間際まで来日を繰り返し、特に夏のフェスティバルでは顔的存在となって多くの日本人に愛され続けた。 彼は一体どんなドラマーだったのだろう? 「ブレーキの壊れたダンプカー」「ナイアガラロール」と異名を取るドラムの連打を武器にジャズシーンを席巻した彼の演奏スタイルは、まさに唯一無二だった..

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

イノトモ──そよ風のように爽やかで可憐な歌声を聴かせる、デビュー20周年のシンガー・ソングライター

それでも時間は流れてく ボクらの思いはそのままに かたちだけが変わってゆく 儚い記憶だけを残して くりかえすイトナミの しずかな、輝き それぞれのやさしさが 行き交う夕暮れ (「イトナミ」より) デビュー20周年を迎えたシンガー・ソングライター、イノトモ。福岡県出身の彼女は、音響の勉強をするために18歳で上京。学校を卒業後はライブハウスや劇団の裏方の仕事をしていたが、二十歳の時に友だちのバンドに誘われてフェアグラウンド・アトラクション「ハレルヤ」を歌ったことがきっかけとなって歌に目覚め、その後ジャズクラブなどで歌いはじめるようになったという。 ウクレレよりも一回り大きく、アコースティックギターよりも一回り小さい〈ギタレレ〉という楽器を手に入れて、オリジナル曲を弾き語りするようになった彼女は、宅録でデモテープを作りはじめ、ライブ活動も開始した。 1998年6月、シングル「溶けてゆく午後」でデビュー。これまでに10枚のアルバムを発表してきたイノトモの魅力といえば、なんといってもその声だ。そよ風のように清涼感のあるやわらかな歌声は、主張は強くないのになぜか心にすーっと染み込んでは、ほのかな甘さを残していく。そんな個性的な歌声が買われ、「愛のコロッケ」「恋のかぞえうた」「いつかキミと」「タンポポ」など、彼女の楽曲はテレビやCMに数多く起用されてきた。 また、くるりのシングル「Birthday」や、ハナレグミのアルバム『オアシス』をはじめ、BEGIN、バンバンバザール、benzo、HARCO、リクオ、坂田学、菅野よう子など様々なアーティストの作品にコーラス/ボーカルとして参加するなど、..

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

ナイト・アンド・デイ〜ポピュラー・ソングに“永遠の若さ”を刻んだコール・ポーター

「壮大な音楽探求」の旅路を愛する人たちがいる。英米や日本のオールドロックの呪縛から解き放たれ、世界中の国々や土地の音楽、ロック以前以外の時代やジャンルの音楽を開拓している。あるいは映画や文学、歴史や文化や経済など様々な観点も含めて楽しんでいる。このコラムに繋がったのはきっとそんな人だと思う。 音楽の場所や時を自由自在に移動しながら旅することは、たとえそれが部屋や頭の中であっても立派な体験になり得る。何も無理に最新の音楽やヒットチャートに触れることだけが「素敵な音楽探求」ではないからだ。しかし、旅人たちはすべてを知りたがる。別に悪いことじゃない。いつまでも一つの音に縛られているよりは。 一方で、人生における避けがたい何かしらのしがらみ、加齢による新しい趣味の広がりにより、音楽から距離を置かざるを得なくなったり、興味自体が薄らいでしまう人だっている。生きていればごく自然のことだ。音楽を仕事にでもしない限り、むしろ当たり前だ。 TAP the POPはそんな人々がネットやSNSでたまたま記事を見かけ、かつての音楽愛を再燃させる役割を果たすこともある。きっかけは昔慣れ親しんだオールドロックやパンク/ニュー・ウェーヴあたりとなるケースが少なくない。一同としては嬉しいことだが、どうかそこに懐かしさのあまり安住しないでほしいとも思う。成長しないイノセンスほど空虚なものはないのだから。 音楽の旅人たちは、多くの歌手やバンド、ソングライターたちに出逢いながら、自分だけの旅を歩んでいく。例えばアメリカ音楽を訪れる時、ロック以前のR&B/ブルーズ、カントリー/フォーク、ジャズ、ゴスペルなど、黒人やア..

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

「俺のスタジオに来て、机の上でラップをしていたんだ」〜大胆さと革新的な発想でチャンスを掴みとったカニエ・ウエスト〜

ヒップホップとR&Bアーティストが、全盛の音楽シーンでは、かつてロックスターの一挙手一投足に多くの音楽ファンが注目したように、ラッパーやR&Bシンガーたちの言動が大きなニュースとなる。 その中でも特に大きな話題を呼ぶのが、ラッパーのカニエ・ウエストだ。 プロジェクションマッピングでのミュージックビデオ公開、ストリミーング配信のみでの作品リリースと、彼は音楽界の常識を覆すような活動をし続けている。 2018年には自身が制作に携わった作品を、4週連続で発表した。 そんなカニエの大胆な行動と自由な発想は、長い下積み時代に原点があった。 大学講師の母親のもとに生まれたカニエは、幼い頃から転勤によって様々な地域を転々としながら育った。 そのためもあってなかなか友人ができなかったために、様々な芸術や文化に触れることで寂しさを癒していたという。 とりわけカニエの心を掴んだのは音楽、ヒップホップであった。 彼が幼少期を過ごした80年代末から90年代は、ヒップホップが隆盛に差し掛かっていた時代だ。 古い音楽をサンプリングし、新しい音楽に生まれ変わらせるというプロセスに、カニエは強い関心を抱いた。 13歳の時に音源制作を始めると、19歳の頃にはすでにトラックメーカーとして活動を始めている。 しかしなかなかヒット作を生み出せず、シカゴの美術大学に通いながら音源を作る日々が続いた。 そんなカニエに転機が訪れたのは2001年、23歳の時だった。 ヒップホップ界の大スター、JAY-Zのアルバム『The Blueprint』にプロデューサーとして参加することになったのである。 JAY-Zはカニエの作る音楽に..

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

Close